SORACOM BEAMって何?

3G通信を実現するためにSORACOM AIRを使えればと思ってますが、
SORACOMには他に「SORACOM BEAM」というサービスがあります。
今までBEAMというサービスのどこが新しいのかわからなかったので、ちょっと調べてみました。

SORACOM Beam とは

ここでは以下2つの機能が紹介されてます。
・暗号化による安全なデータアップロード・ダウンロード
・接続先の切り替え

これだけだと具体的に何ができるのか、いまいちピンときませんでしたが、
いろいろ調べてみた結果、丸くまとめると、次のようなプロキシサービスと言えるかな、と思いました。
・arduinoなど、クライアント側ハードウェアリソースが極小な場合、
https通信ですら、実現するのが難しい。
BEAMを使えば、https通信しなくても、BEAMサーバに対するメッセージ送信のみで対応可能。

・通信先設定は、WEBアプリケーションであれば、WEBサーバ側の変更で対応できるが、
クライアント側に通信先を保持しておくようなアプリの場合には、通信先のサーバが変わった場合に、
対応するコストが大変。BEAMを使えばBEAMサービスの設定変更のみで対応可能。
(工夫次第でサービスの設定変更だけでも対応可能かもしれないが、BEAMに任せた方が簡単。)

BEAMを使った際のメリットは結局使い方次第と思うのですが、
このようなサービスをあらかじめ用意していたところにSORACOMの展望範囲の広さが見えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です