ハンダ付けして接続安定化

前回温度計測するためにDS18B20を使いましたが、

配線はもとのままをブレッドボードに直接差し込んでいたので、

ちょっとしたはずみで外れることがありました。

今回、DS18B20の接続部をピンヘッダにハンダ付けし、接続部を安定化するようにしたいと考えました。結果、、、

IMG_0524

あまりきれいではないですが、まあ、固定化はできました。

ブレッドボードにつないだら、以下のような感じに。

IMG_0526

プルアップ抵抗も足を短く切り、raspberryとの接続ケーブルの色もDS18B20のケーブル色と合わせました。

前よりも、だいぶスッキリし、ケーブル接続部も安定するようになりました。

あとは、これを海に浮かばせられるよう、何らかのケースに突っ込んで防水対策することが課題となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です